ラジオ パー(ソナリ)ティー

先日ラジオをyoutubeにて公開した。ようやくである。

 

f:id:kimura_evkitty:20180110181749p:plain

 

思えばpodcast全盛の7,8年前に深夜ラジオだったり、素人ラジオのpodcastを聞いていたころからなんとくいつかは自分もやってみたいなと思ったりはしていた。別番組ではあるが深夜ラジオを聞いていた後輩を捕まえて、webラジオやることを目標に何人かでブログをやったりもしたけど、全然続かない。こういうコーナーをやってとか、こんな企画をって考えるために集まって飲んで翌日には大体すぐに忘れた。私含め、頭の中の辞書に継続という文字はなかった。継続を飛ばして軽率が詰めてた。そりゃ発言も軽はずみになる。

 

複数人でやるブログは絶賛放置中であり、改めて一人でブログを続けだしたのが昨年。ラジオやるにもサーバがないとなあと思っていたが、世は大YouTuber時代、人気YouTuberがおもしろ動画をこぞって投稿している中、深夜ラジオも(よろしくはないのだろうけど)いっぱいあがってるし、動画プラットフォームに音声だけのコンテンツがあってもいいじゃない、とラジオを配信する場所があることに気がついた。そして自分のいい声にも気がついた。

 

その後はラジオを挫折した仲間の一人、なんとか太郎と相変わらずこういうコーナーがいい、あれやりたい、と話し合いを重ね、収録を行った。

 

年末に初めて収録を行った時は壁の薄いカラオケボックスでマイクを使って発言しスマートフォンの録音機能を使った。その時の事前準備のなさと私の財布のなさから、満足の行く収録にはならなかった。何を話すかも決めず、なんとなく「年末なのにあけましておめでとうございます」って言いたいという願望だけが先行して、よくわからない話していた。そもそも一緒に収録する、なんとか太郎が意味不明なことを繰り返すので否定、訂正をしたり本来したい話にするだけで相当な体力を使った。魔物使いってこんな職業だと思う。

 

そんな反省をいかして(太郎が)台本を作り、(太郎が)ICレコーダーとマイクを用意し成人式で賑わう私の地元カラオケで収録をした。

 

f:id:kimura_evkitty:20180110192837j:image

 

おっさん二人なのにこんな大部屋でテンションあがってしまって普通にカラオケを初めてしまった。

 

ひとしきり満足したところでようやく収録となった。今回はきちんとレコーダーがあり、編集もうまいことやってくれたので、しゃべっている途中で終了を告げるインターホンの音に邪魔されるというハプニングもあったが、そこは省いてくれた。

 


カロリーゼロラジオ第一回


内容については聞いてもらうとして、やってもらいたいコーナーや各コーナーへの投稿も待っている。このブログにコメントを残してもらえれば拾って料理する。

 

今のところ募集しているコーナーは

・妙に変だなぁ

だけである。

よろしくお願いします。

 

 

 再生ボタン

  ブログランキング・にほんブログ村へ