思春期に陰毛がなかなか生えてこないと父親に相談した話

 

f:id:kimura_evkitty:20171115185726p:plain

父親に思春期特有の悩みを相談していたというのは以前書いたとおりである。

kimura-evkitty.hatenablog.com

今回は陰毛の話になる。

 

私は中学入学時点で身長150cm未満での小さい少年だった。「前ならへ」では高確率で腰に手を当てるタイプの人間であった。
そこからグングン成長期がやってきて、ということもなく現在自称170cm(くらい)の平々凡々、中肉中背、何の面白みもない30代男性である。

 

中学生は大きなイベント(林間学校に修学旅行など)、同級生と寝食をともにするイベントが盛り沢山である。


中学1年なんて、身長のばらつき以上に局部の成長にばらつきがあって当然なのだが、林間学校でクラスメイトの股間を目の当たりにしてショックを受けたのを覚えている。

 

局部の成長の差としては大きく2点ある。

 

毛が生えているかどうかと、剥けていいるかどうかである。


まず、毛、陰毛について。私の記憶が確かならば、陰毛はだいたい脇毛と成長をともにしていたきがする。産毛が生えてるなーと思ったら徐々に太く、黒く、長くなっていくものである。赤ちゃんの髪の毛みたい。
人間の体毛の一番汚れていそうな部分を一番清いものに例えてしまって申し訳ないが、観察日記をつけるとするとそうコメントするのが最適である。

 

次に剥けているかどうか。日本人の7割が仮性包茎という都市伝説を心の拠り所にしている男子中学生にとってズル剥けは憧れである。これがもう少し子供である場合、揶揄する対象であるからおもしろい。

宗教上の理由などで両親が判断し新生児の時点で切除した場合、子供のうちは「ムケチン」なんてあだ名で呼ばれることもあるが、成長するにしたがって大きな勲章になる。この皮についても徐々に剥けていくのだろうが、経験がないのでよくわからない。

ある日突然ドン!とワンピースの効果音とともに剥けるというのは考えづらい。

 

朝顔よりももっと時間をかけてゆっくりと成長するため、個人差がすさまじい。

林間学校の大きな風呂で、男子中学生たちの自分の陰部に対する動作は実に千差万別である。

 

頑なにタオルで隠し、湯船にまでタオルを入れるもの。湯船に入れて怒られるもの。股の間に挟み込んで本丸だけは守ろうとするもの。タオルを忘れたのかモジモジするもの。銭湯のじじいのように堂々としているもの。

 

風呂に入るだけなのに、なんでこうも違いがあるのかわからないが、成長が早いやつの方が以外に隠したりするのが中学生だった。

しかしクラスで一番体の大きい林は成長が早いなどの次元を越えていた。完成形と形容するしかないソレを堂々とぶら下げながら悠々と大浴場を闊歩する。知らない仲ではないのに、心なしかみなが道をあけていた。

 

林間学校の出来事がトラウマとなり、自分はなんて(股間が)子供なんだろうと頭を抱えた。当時陰毛も脇毛も生えていない私は父親に相談した。もじゃもじゃな同級生がいるのに私はまだ芽すら出ていないと。

 

父親は「まだ身長も成長するということ。股間が完全体になったら、それは身長含めて大人、それ以上大きくならないってことだ」と金言をもらった。

 

それを心の拠り所として股間の成長を観察し続けた結果、身長も毛も少しづつ成長して大人になっていった。今では身長は止まり、視力や筋力の衰えなど老化を感じるまでになっている。

 

 

皮はまだ動かざること山の如しなんだけど。お前一人でピーターパン症候群かよ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

何も知らないファッション論:時計編

f:id:kimura_evkitty:20171101153637p:plain

最近は雑誌についてくる付録がものすごく豪華である。
ポーチ、リュックから時計、財布、万年筆セット・・・雑誌を買ってるのか付録を買ってるのかわからなくなってくる。
本屋で化粧品が買える時代になったのである。

furoku.org

デアゴスティーニみたいに合計何万とかかりながら、コツコツと書い続けてようやく完成する、一ミリも生活の役には立たないコレクションと違って、実用品がほとんどである。あ、ごめん、人生は豊かになる、デアゴスティーニ。大好きデアゴスティーニ

 

そんな付録もほとんどが女性ファッション雑誌についてくるものがほとんどである。
女性はおまけに弱いのかもしれない。
一緒に御飯を食べに行っておまけに僕と付き合えるよ、なんて言ったらうまくいくのだろうか。うまくいこうがいくまいが、全国のいろいろな団体から抗議を受けることは間違いないだろう。おまけで炎上である。

 

そんな女性ファッション雑誌にばかりついている付録であるが、男性ファッション雑誌にもいくつか付録付きの雑誌がある。先日たまたま見かけた雑誌についていた付録の時計が気に入ったので思わず購入してしまった。

 

furoku.info

見てほしい、この高級感。重厚感。最近、ちょうどほしいと思っていたような時計を1000円未満というお手頃価格で手に入れてしまった。すごい世の中である。

 

実物をみた感想をいくつか。

 

軽い(付けた気がしない、まるでスマートウォッチ)(雑誌名もsmartだし)
文字盤のさほど重要じゃないところが目立ってる(というおしゃれ)
バンドがビニル製?(革っぽさをリアルに表現しててすごい)

 

と好き勝手書いたが、非常に満足している。だって1000円だし。気持ち的には1500円程度の買い物をした気分にすらなっている。


ただ、付録で気をつけないといけないのは、他人に気づかれることだ。あいつ雑誌の付録の時計つけてるって、いくら最近の付録の豪華になってきてるとはいえ30過ぎたサラリーマンが気づかれると恥ずかしさで顔面だけ真夏に逆戻りする。

 

smartという雑誌は中高校生の頃、ちょっとおしゃれに気を使いだしたあたりでたまに買っていた雑誌である。もっとおしゃれ上級者はメンズノンノとか読んでた。
当時は付録なんてなかなかついていなかったし、多分あったとしても、「いい匂いのするシール」程度な気がする。時の流れはすさまじい。
いつしかおしゃれの必要性に疑問を感じ、おしゃれの概念がよくわからなくなり、すべてを諦めてから長いこと経ったが、現在もきっと読者層は変わっていないだろう。男子中高生がメインで、半分以上が童貞と思って間違いない。

 

私の人生において中高生との接点など皆無である。学生時代、塾講師アルバイトをしていたときは指導していたし、電機屋でゲームソフトを売っている時も子どもたちはキラキラした目でゲームやDVDを買いに来たものだが、それも10年前の話。私自身が学生なのだから、何かあっても許されるだろう。無いけど。


しかし、家と会社の往復ばかりの現在。たまに仕事帰りに立ち寄るのは居酒屋ばかり。中高生なんて電車で見かける程度の距離感である。ラッキー。
この時計をしていてもいい大人は誰にも気づかれない。

 

と思って会社の近くでジャンプを立ち読みしていたら、なんと目の前にsmartが。表紙に付録紹介として当然のごとく大きな時計の写真が掲載されている、わたしの左腕にあるものと同じものが。
同じくジャンプを立ち読みしにきた大人がチラと時計を見た気がしたので目当てのものを読み終える前に、缶コーヒーだけ買ってコンビニを後にした。いい大人だから缶コーヒーを買う。

 

ジャンプを立ち読みしてるのも恥ずかしいのかもしれないと、今は思っている。

その後高校生に偉そうに何かを語る機会があったのだが、それはまた別のお話(とりあえず逮捕はされていない)。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

思春期に乳首が痛いと父親に相談した話

f:id:kimura_evkitty:20171020154654p:plain

目立った反抗期のない思春期だった。
ジャンプを母親に買ってこさせたり、壁に穴を開けたりしたことはない。壁が硬かったのと、わたしが非力なことも要因の一つかも知れないが。

 

父親には思春期特有の第二次性徴の相談なんかもしていた。

 

具体的に言うと、乳首が痛いと相談をしたことがある。

 

f:id:kimura_evkitty:20171020154715p:plain

 

私には産まれたときから、見ても一向に興奮しないのに乳首という 会社の自分みたいに役に立たない部品が体についている。

中学2年生くらいのあるとき、乳首の内側にしこりがあることに気がついた。
気になりだすといじりたくなるのが人情というもので、家でも学校でも、暇さえあれば乳首をコリコリしていたものである。

私の乳首が初めて役割を持った瞬間である。
今で言うところのハンドスピナーの位置づけに乳首がなるにつれ、しこりはその存在感をまし、若干の肥大化を続けていた。

 

中学生の当時、私はスラムダンクに影響されたバスケットボール部に入部した。それまで5年間続けていたサッカーをレギュラーが取れなそうだしとあっさり裏切って入部した。
サッカーのレギュラー11人に対してバスケットボール5人、当時から算数は苦手だった。

 

乳首のしこりはバスケットボールに大きな影響を与えることになる。

バスケットボールのパスの基本は相手の胸をめがけてボールを送る動作からチェストパスというのだが、手のひらで取り損なうと胸に直撃する。

ゴール下は戦場だという言葉があるが、低身長でゴール下に行くこともなけいのに、相手と接触することもないのに、味方からのパスで、私は戦場に散った(死因・乳首爆発)。

 

そんなことがあって、父親に相談をした。

父親は気持ち悪がらず話を聞いてから、自分の若い頃なったとカミングアウトしてきた。父親の話から聞いたこの症状の概要が以下である。

 

思春期に起こりがち、そのうちなくなる、白い液体が出ることもある。

 

友人にも共有していたが、最初なかなか理解されなかった。算数どころか保健体育も知らないんだな、わけの分からないことばかり言いやがって、と思われていたろう。

私自身、父親を信じれなくなるわ、自分の乳首を呪うわ、散々な生活を送った。


しかし数ヶ月後、友人のうちの一人がこっそりと、自分も発症したと伝えてきた。
そこでようやく父親信頼は回復し、乳首は生存することが決まった。奈美悦子には申し訳ない。

 

友人と私はこの症状を「ちくつう(乳首痛)」と呼んで、できるだけ優しくパスし合っていた。他のやつらも発症しろと呪ったものの、悲鳴は聞こえてこなかった。いつしかしこりと痛みはなくなっていった。

 

後になって調べてみたら、思春期乳腺肥大症と呼ばれ、男子中学生の何割かに起こるということでいろいろ納得したんだけど、白い液体は一切出なかった。

 

今思えばそれっておちんちんからでるやつじゃないかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ

サウナのチャンネル争いは悲しみしか生まない

f:id:kimura_evkitty:20171016183646p:plain

サウナが好きである。
まだまだ素人の域を脱してはいないが、以前は月に1,2回のスーパー銭湯で、今は週1回のスポーツジムで、たまにカプセルホテルで、サウナと水風呂の交互浴を楽しんでいる。

 

昔は水風呂なんて入る人の気がしれなかったが、今となっては水風呂がなければサウナじゃないじゃん、とさえ思っている。

 

そんなサウナだが、最近はどこの店でもテレビを備え付けていることが多い。
ただひたすら12分計を眺めたり、砂時計とにらめっこしたり、熱源を見続けることで自分の目がサーモグラフィになることを想像しているだけだと、5~10分を何回も繰り返して楽しむことはできない。


同行者がいるなら話(いつ衆院選に出馬するのか)に花を咲かせることもできるが、あいにく私は一匹狼、サウナの中で一人でぶつぶつ(次の4大ドームツアーの構成を)つぶやいていたら通報されたり、焼け石を投げつけられかねない。テレビがあってよかった。

 

テレビは爆発の恐れがあるのでサウナ内部に置いてあることはまずない。透明なガラスで隔てられたサウナ室外に設置されていることがほとんどである。音声もきちんと聞こえる。

 

そこで問題になるのがテレビのチャンネル権である。ご存知のようにテレビには放送局が、リモコンにはチャンネルがつきものである。

食卓で好きなテレビ番組を見れないというチャンネル権問題は深刻な問題ではあるが、一人暮らしをして初めて、幸せな問題だったなと感じる、そんな出戻り息子32歳。
しかし、サウナのテレビのチャンネル権は深刻な問題のままである。

 

これまでの経験で店によりいくつかのパターンがあることがわかっている。

 

 

1つ目はチャンネル固定型である。

これは365日ずっと同じ放送局しか流さないパターンでどこかお金の匂いのする仕組みである。

出会ったことはないが、Eテレ固定のサウナとか、放送大学固定のサウナとかあったら回転はすごく早いと思う。もしくはサウナの中で寝だすやつとかいると思う、死ぬぞ。


ないとは思うが、リモコンが壊れて、本体のボタンも操作できない状況だったらと想像すると笑える。ボリュームの大しか受け付けなくなったら悲惨だなとか、テレビデオからAVが取り出せなくなった学生時代の記憶を思い出した。

 

 

2つ目はリモコン提供型。

先日のカプセルホテルもそうだった。客にチャンネル権を委ねる方針で、放任主義みたいなものである。

リモコン本体をサウナ内部に置いておくとチャンネルを変更する行為自体が男塾の競技になりそうなくらい熱くなるから入り口近辺においてある。

そして決まって注意書き「他のお客様にご配慮してお使いください」などと書いてある。


このご時世、見知らぬ人とのトラブルがいつ起きてもおかしくない。さすがに裸同士、凶器をどこかに隠し持っていることはないだろうが、急所は丸わかり(丸裸なので)、キックボクシングの経験者なんかとトラブルになったら、金玉の一個や二個は覚悟しなければならない(金玉の上限は多くの場合二個である)。

 

つまり、チャンネルを変えるのはサウナに誰もいない時、もしくは全員の了承をとってからになる。全員の了承をとってるうちに人の出入りがあったら、大変である。果たして、誰が新しく入ってきた人か見分けがつくだろうか、難易度は高い(全員丸裸だから)。


どちらにせよ難易度が高いので、殆どの人が遠慮がちになる。その結果、誰もいない時、もしくは開店直後の店員がEテレにしてたら、Eテレ固定のサウナになってしまうわけである。誰かが変えろと思ってもトラブルを嫌う事なかれ主義の丸裸日本男児たちが、そろってEテレを見ているのである。


お父さんといっしょとかみているわけである(息子丸出しで)。

 

 

最後がオートチャンネル変更型である。

裏側から店員が、もしくはタイマーで自動的に、人気番組を勝手に選局する仕組みである。ある意味平和的ではあるが、店員のセンスに委ねられる部分が大きい。

Eテレ好きな店だったら、おっさんたちが並んでお父さんといっしょをみることになるわけである(息子丸出しで)。私はEテレ最高だと思っているのでNHK関係者の方には誤解されなきようおねがいします。

 

以前スーパー銭湯でこのオートチャンネル変更型の弊害に遭遇したことがある。


その時の店のチョイスはNHKで大相撲をやっていた。時刻は6時手前、もうすぐ結びの一番、横綱白鵬が優勝に近づくのか、注目の一番である。

時間いっぱい待ったなし、はっけよい残った残った、がっぷり四つになって長引きそうだ。さあどうなるどうなる、と思った瞬間、チャンネルが勝手にプロ野球中継に切り替わった。タイマーが少しズレていたのだろう、相撲の結果はわからずじまいである。

 

サウナにいた全員が、テレビに向かって「おいっ!」と突っ張りではなくツッコミを入れていた。(丸裸の)おっさんたちが一つになった瞬間である。

ブログランキング・にほんブログ村へ

初めてのカプセルホテルで経験値を荒稼ぎ

先日また、大人の階段を一歩登ってしまった。


サラリーマンの安息の地、企業戦士(サイヤ人)のメディカルマシーン、そうカプセルホテルである。

f:id:kimura_evkitty:20171011182425p:plain

 

 

終電が早く、乗り過ごすことしばしばな私が、飲み会帰り電車を見送った後にする選択肢といえば、「同僚に朝まで付き合わせる」「個室ビデオ」「ネットカフェ」「泊めてくれる家さがし」なものであった。
会社の近くに住んでいた頃はさらに「タクシー」という素敵な選択肢があったのだが、今タクシーに乗ると4万とかするし、夜が明ける。睡眠時間と現金が飛んでなくなる。

 

朝まで飲み明かしたりカラオケ行ったりする場合、翌日が仕事だろうと休日だろうと丸一日棒に振ることになる。その上使ったお金はよくわからないことになるし、最悪財布自体なくす。そもそも朝まで覚悟で飲み始めて一人また一人と脱落していくと以下の選択肢からまた選ばなければいけない。

 

個室ビデオはこのブログで何度となく触れてきたが、睡眠を取る場所としての機能ははっきり言って皆無である。あそこはエンターテイメントを楽しむ場所と思っている。寝かせてなんてくれない(個人の感想です)。

 

kimura-evkitty.hatenablog.com


ネットカフェは寝やすいブースをGETできれば非常に快適だとは思う。ただリクライニングがあわなかったり、隣のブースのいびきが公害レベルだったり、アラームが延々続く地獄の場合もあるのでネットカフェは宝くじと心得よ。

 

さらに、私に泊めてくれる家なんてあるわけがない。仮にあったとして、終電逃した時間に連絡してきて泊めてくれって、もはやテロである。かわいそうな振りした、テロである。そうやって寝床も友人もなくしていくわけである。

 

そんな中、突如として現れたカプセルホテル。これまでどうしても、紳士の嗜みやちょいワルオヤジ的なイメージと抵抗があって二の足を踏んでいた。だが飲む相手も散り散り、さらに寄る年波に勝てず明日の仕事が不安になり、噂にだけ聞いていた近所のカプセルホテルに足を運んだ。

 

時間は2時を回っていたところ、週末ではなかったのでそこまで混雑していたわけではなかった。受付を済ませるとロッカーの鍵とカプセル番号札をもらった。ロッカーの中に館内着がはいっており、これに着替えて眠るらしい。
せっかくなのでと大浴場を満喫し自分のカプセルに向かう。

 

平日ということでさほど混雑していなかったはずなのに、使用中カプセルは一部に集中していた。2階建ての作りになっているが、私は下段だった。登るのが面倒なのと、上の動きで音が出る可能性があるというメリットデメリットが双方にあるが、これは好みの問題なんだろう。二段ベッドで小学生時代生きていた私は、上段だと下からの蹴りを受ける可能性を考慮して下段一択である。

 

個室はそれまで想像していたカプセルよりは快適で、電源、ライト、テレビがあった。そしてテレビではアダルトチャンネルも写った。

 

とびきり古いAVが流れていた。これで何かする人がいたら嫌だなと思った。隣人が何か悪さを起こさないことを願いつつ寝に入る。

 

普段7時前には起床する私にとって9時おきは非常に魅力的だった。変な隣人はおらず、ちょっといびきが気になるくらいで実によく熟睡できた。さらに大浴場、サウナと満喫する時間が残っている。朝9時に入るサウナは格別だった。サウナと水風呂の往復も2回やった。いい一日の始まりだ、平和である。

 

サウナのテレビでは泰葉とイラン人男性の婚約会見の模様がやっていた。日本は平和である。

 

www.oricon.co.jp

ブログランキング・にほんブログ村へ

墓参りの時でも迷惑をかける孫

先月の秋分の日前後、世間的にもお彼岸ということで法事以外では初めて墓参りに行ってきた。田舎の山間にひっそりとある小さな墓地である。

 

f:id:kimura_evkitty:20171010171401p:plain

小さい頃、祖父母が健在だった時、顔も知らぬ先祖や親戚たちの墓参りをした記憶はほぼなく、現在も墓参りは祖父母の墓参りという意味合いで行っている。
墓には他にも仲間がいっぱいいるのにである。
これは子供の頃、祖父母の家にあそびに行くことを「おばあちゃん家にいく」と言っていたことに近い。
お小遣いをくれるのはだいたい祖母だったからそう呼んでいたのだと思う。
この時の祖父の気持ちを考えると申し訳無さでドルマークになった目から涙が止まらない。

 

ただ、祖父母の家には仏壇があった。
仏壇はお墓ではないが、先祖を祀るものでお経を唱えている祖父の真似事をよくしたものである。


今回久しぶりの墓参りで、自分の参拝スタンスに気付かされたので記す。

 

私は仏壇にしろ、墓参りにしろ、お参りという動作を行っている最中、口にこそ出さないがこんなことを考えていた。

 

「(サッカーで)点が取れますように」
「成績があがりますように」
「健康でありますように」
「出世しますように」

 

子供の頃から大人に至るまで、もれなく、こんな願い事をしてた。

 

熱心にお参りするねえと親戚のおばあさんなんかに言われたこともあった気がする。お参りというよりは、お願い、神頼みである。
先祖が神になった瞬間である。

 

久しぶりに顔を見せに孫がやってきたと思えば、健康を欲す。生前、お小遣い欲しさにやってきた孫と対してかわらないとも言える。
健康を望んだって、いつ病気になるや、事故にあうやわからないこの世の中、先祖がどんなことをしてくれるのか甚だ疑問ではあるが、想像するに体の内側でウィルスと戦ったり、外側で身に振る火の粉払ったりするんだろう。私はスタンド使いか。

 

先祖のことを神だの、スタンドだのと、随分罰当たりなことを言っている気もするが、昨今のソーシャルゲームの「神属性」「神タイプ」のような「神大安売り」も手伝って受け入れられると思う。
「おじいちゃん」がモンスターストライクに出てくるのも時間の問題かもしれない。

 

一番罰当たりである。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ズボンをパンツと呼ぶようになったのはいつからだろう

ベルトをし忘れてしまった。いい大人がパンツにベルトを通さずに出勤しているのである。鳥肌モノである。

 

ふとした瞬間にパンツが落ちてきてしまったら、パンツ丸出し、セクシーコマンドー外伝状態になる。鳥肌モノである。

 

 

4年前くらいに買った太めのパンツが一切ずり落ちてこない。鳥肌ものである。肉付きは豚に近づくとしても。

 

f:id:kimura_evkitty:20170911201209p:plain

 

ところで、この場合のパンツはチノパンのことであり、私はボクサータイプにしろトランクスタイプにしろ下半身の肌着を重ね着するタイプではないので、そういうタイプに抵抗のある女子は安心してほしい。

 

小学生の頃のいたずらにスカートめくりとズボン下ろしがあった(当時はみんなズボンと呼んでいたはず)(余談だが、変換ミスでズボン卸とでてきた)(市場かよ)。いたずらをする側の人間は女子にも男子にもいたずらをするし、いたずらをされる側の男子は決して女子にスカートめくりなどしなかった。私は後者であり、理由は帰りの会とかで怒られるからである。

 

そんなトラウマがあるからか、非常に落ち着かないのだが、ベルトをしていてもある程度の感覚で落ち着かなくなることが、私にはある。チャックが開いているのではないか、と心配になるのだ。

 

実際にチャックが開いているのは10回に1回くらいなものなので、そんな心配はほとんど杞憂なのに、人とすれ違う度、「今股間の当たりを見られたような」や「立派なものが生えてると思われてるのでは」と心配になっている。

 

こうなると、意図して何かアピールをしておいたほうがいいのかもしれない。チャックを下げて中からちょっとした垂れ幕を掲げ「たいしたものではありません」とか書いていおいたほうがいいかもしれない。

 

人に見られてる気がしても、そりゃ股間から垂れ幕垂らしてんだから見るよなって勝手に納得できるだろう。赤ちょうちんののれんじゃあるまいし、どれどれってチャックの中に入ってくるようなサラリーマンだっていないはずである。

 

最終的には子供連れの親子が
「ママ、あの人チャックから何出してるの?」
「シッ、見ちゃダメ」

 

って結果的に全体を見られなくなるというか、人としての尊厳もなくなる未来しか見えなくて鳥肌モノである。

ブログランキング・にほんブログ村へ