ホメリーマンの修業

f:id:kimura_evkitty:20190813155314p:plain

ある休日の昼下がり、新宿駅前。休日だけあって、出身地、国問わず色々な人間がいる。そんなところ滅多に通ったりはしないのだが、乗り換えの都合で通らざるを得なかった。そもそも昼下がりってなんだ。上がることもあるのか。

 

常々、周りを気にして生活しているわけではないので、出歩く際、特に人混みの中なんかは伏し目がちに人と目を合わせないように歩く。このご時世、修学旅行の京都で絡んでくる学生よりも物騒な事件が多いし、視線だけで襲われるか弱い女子が多すぎ、しゃべれないのに容赦なく外国語でまくしたててくる観光客に、私とは一生交わることのないベクトルの熱心さで勧誘してくる宗教団体。無用なトラブルに巻き込まれないために日本人が身に着ける処世術の一つだ。

 

そんな完ぺきな防御に身を包んでいても、難なく突破してくる人間もいる。ぱっと見そんな攻撃力の高そうな人ではなかったが、青年に声をかけられた。

 

「〇〇〇の×××と申します(聞き取れず)。社会人ですか?」

 

ははん、どこぞの営業会社でこんなことをやらされる、と噂に聞く、誰でもいいから名刺をもらってこい修行だろうか。あいにくだが、社外の人と滅多に会うことのない私は名刺を携帯しているわけではない。おまけに今は休日、ついでにいえば私もあなたもスーツではない。さらにいえば、今は7月、君は一体何がしたいのだ、いつ入社なのだ。若い人が多そうな休日の新宿とはいえ、石を投げれば2回に1回くらいは社会人にあたってもおかしくないだろう。そんな中でなぜ私を選ぶんだね。という思いはおくびにも出さず、同意だけする。

 

「2年目ですか!?」

 

ピンポイント!ますます目的がわからなくなる。社会人2年目の人を対象にしたアンケートでもとってるのだろうか。とはいえこっちから質問しても面倒なことになりそうなので、正直に12年目と答える。実際には11年目らしいのだが、もはや誤差の範囲であるし、年齢的には12年目の学年である。留年さえしなければ。青年は一瞬暗い表情を見せて

 

「わ、若いですねえ」

 

といって去っていった。私は若いらしい。新卒2年目のピチピチ(死語)社会人、彼の目的はなんなのかわからなかったが、私は若いという他者評価だけ手に入れて帰ってきた。もしかして彼は、人によって異なる声掛けをして、ちょっとした喜びを人に振りまく、一日一善マンとかだったのかもしれない。芸能人と間違えて話しかけてしまいましたとか、日本の経済情勢が不安で知見ありそうなので聞いてみてしまいましたとか。

 

私は若いと言われても一ミリたりも喜ばないけれど。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

パンドラの箱(電子レンジ)

f:id:kimura_evkitty:20190807203719p:plain


一体いつまで電子レンジの話をするのか、自分はどれだけ電子レンジが好きなのか、恐ろしいものである。とはいえ、今回は電子レンジの話とは少しずれる。前回話したように電子レンジが息を引き取った後である。

 

kimura-evkitty.hatenablog.com

スタートボタンが全く反応しなくなり、すべてを悟った私は、自暴自棄になり、米は息を引き取った電子レンジに閉じ込め、考えるのをやめた。家にレンジ調理以外で食べられるものはなく、コンビニに行って簡単に食べられる食材を買ってこようという気にはなれなかった。暑いから。

 

すべてが嫌になり、考えるのが面倒くさくなっていたのに、腹は減るもので、ふと手にしたスマートフォンで禁断の出前を探し始めてしまった。一人暮らしを始めて出前を取るのは初めてである。いつもなら自分で買いに行けよ、食べに行けよ、配達料とか無駄じゃないかと思うところ、どうしたのか当時の私は出前を取ろうとしたのだ。

 

出前館にはいくつもの飲食店が入っていてすごい。和食洋食中華ピザ、牛丼釜飯寿司(和食カテゴリ)となんでも選び放題。ただ、私はもともとレトルトのカレーを温めようと思ったくらい、気持ちと口はすでにカレーだったので、カレーを探した。専門店の本格インドカレーもよかったが、弁当屋さんのカレーにひかれたのでカツカレーを注文した。

 

食べようと思ってから時間がたっているため、胃袋が暴れている。カツカレーだけでなく、そばも注文しよう。味噌汁の代わりである。カレーに味噌汁は賛否両論あると思うが、私の家庭は昔からカレーと味噌汁が出てきたものである。それでもその弁当屋は格安を売りにしてるだけあってまだ1000円弱。安いもんだなと思っていたら、配達の注文ができない。配達には最低価格というものがあり、それを超えないと配達してくれないとのことだった。五輪の選考レースかよ。

 

最低価格にはまだ、茶を濁すおつまみや茶そのものでは追いつけそうもない。日持ちしそうなサイドメニューはない。まだ夜もそこまで深くないので、この胃袋なら数時間後にまた空腹が襲ってくるかもしれない。そう思って配達の最低価格にギリギリ届くチーズハンバーグ弁当を注文した。まさかの一番の重量級である。とにかくこれで最低価格はクリア、念願の五輪出場(宅配実現)である。数十分で弁当が届き最低価格プラス配達料を支払って商品を受け取る。配達のバイトは、我が家に3人程度の人間がいてふるさと納税の肉が届いてパーティーをやっているのかと勘違いしていたかもしれないが、私は一人でこいつらを平らげようとしているのだ。

 

空腹に支配されていた私はカツカレーをあけ、ものすごい勢いで平らげる。さすが出来立て、まだまだ温かい。次いでそば。麺に袋詰めされた汁をかけるようなタイプであった。本来味噌汁の代わりと考えていたが、空腹に脳が支配された私は無心でカツカレーを平らげたので、単品でのコンタクトとなった。そばもイメージ通りツルツルっと完食。

 

さて、ハンバーグ弁当も食べるかと思ったが、手が動かない。脳が食べたくないと言っておる。しかしそれも想定の範囲内である。一体、私は一食に何人前の晩御飯を食べようとしていたのか。このハンバーグ弁当は夜食にとっておこう、ということで録りためていたテレビ番組などをみて休日の夜を過ごしていたのだが、だめだ。全然お腹が減らない。空腹はやってこない。

 

仕方ないので朝ごはんに回そう。朝からチーズハンバーグ弁当とはなかなかにヘビーであるが、逆に高貴ともいえる。自分が貴族になったと思って朝からチーズハンバーグを食そう。翌朝、食卓に並ぶチーズハンバーグ弁当。自分で置いておいただけだが。弁当の蓋を開け、米を一口。冷たい。メインのハンバーグはというと、とろけたチーズが再度固まり、動きを封じられたモンスターみたいになっている。こんなもの食えたものではない、電子レンジで温めよう。

 

電子レンジの扉を開けると、前日炊かれるはずだった先客の米が・・・。

 

半日で2度電子レンジの故障に気づかされるとは。仕方なく冷たいままの弁当を食べられるだけ食べて、他は断腸の思いで廃棄した。私は食材ロスには心を痛めているのだが、これ以上は私のお腹が傷む可能性があるので、申し訳ない。生ごみは電子レンジよりはやく弔ったので、許してほしい。

 

「レンジをゴミ捨て場に連れてって」

 

数日後、そんな声に指示され、電子レンジを処ぶ、送り出す準備のため、扉を開けると閉じ込められていた米に再び出会う。ああ、お前ここにいたのか。完全にかくれんぼで見つけ忘れたけど気づかれないポジションの米だったが、水に浸けていたためか発酵がすすんでいるのか酸っぱい匂いが若干した。お酒ってこう造るのかもしれない。飲んでみる勇気はなかった。お腹が傷む可能性しかないので。

 

電子レンジについては一生分語った

    ブログランキング・にほんブログ村へ

  

シャープ スチームオーブン ヘルシオ(HEALSIO) 18L 1段調理 レッド AX-CA400-R

シャープ スチームオーブン ヘルシオ(HEALSIO) 18L 1段調理 レッド AX-CA400-R

 

 

呼吸を止めて1秒あなた真剣な目をした電子レンジ

f:id:kimura_evkitty:20190802192612p:plain

先日電子レンジと私の蜜月の関係について語るに終始してしまったため、今回電子レンジがどうやって息絶えたのか説明するまでに至らなかった。ためらいはあるものの、今回電子レンジの死亡症状を公開することでこれ以上の悲しみを生まないことができるのなら本望である。

 

kimura-evkitty.hatenablog.com

 

それには私が電子レンジをどのように利用していたか語る必要がある。よく考えると、まったく必要はないんだが、書きたくなったので書く。そうして症状についてまた書けなくなるのかもしれない。

 

最近は100円ショップなどで電子レンジで簡単調理の道具が売られている。料理のできない私は、そのほとんどを購入しちゃんと使っていた。まず、米が炊ける。決まった分量をいれそこで米を研ぎ、水を適当に入れる。1合であれば10分程度あたためれば米がきちんと炊けているのだ。最初は米を研ぎ、すぐに電子レンジで温めたのだが、米に芯が残ったようなまずいご飯が炊きあがった。米研ぎが甘かったかなと思ったが、いくら私が料理できなくても米くらい研げる。説明書には米を研いだ後しばらく水に浸けておいておくと書いてあった。いくらお腹が空いていても、空腹で家電製品を口にしちゃいそうでも、水に浸す待ち時間をとったほうが結果おいしいご飯にありつけるのだ。

 

浸ける時間は15分~30分とのことだった。季節によって調整してください、らしい。どういうことだろうか。夏だから暑いので短い方、15分!冬は寒いから長めの30分とかあるのだろうか。いや、逆に夏は湿気が多いので長めの30分、冬は雪が降るかもしれないから短めの15分なのだろうか。まったく意味が分からないが。そうなると料理のできない私の選択肢は常に22分くらいに落ち着いていた。回数を重ねるにしたがって上手に炊けるようになったと思う。炊いた容器にそのままレトルトのカレーなどをぶち込んで食せば、洗い物も少なくて済む。

 

続いて活用しているのはパスタをゆでる箱である。塩を少々入れた器に面をいれてレンジでチン。とりだしたら蓋をして湯切りをして出来上がる、なんともお手軽な道具である。こいつは結構昔からあるので、10年前からずっと使っている。ゆでた容器に市販のパスタソースをそのままぶっかければ洗い物は少なくて済む。四角い皿でパスタを食べると頭が変になりそうだが。

 

そして最近デビューしたのがラーメンを作る道具である。水に袋麺をいれて、お好みの具材、生卵などを入れてレンジでチン。出来上がりについていた粉末スープをかければラーメンの出来上がりである。生卵はつまようじなどさして穴をあけておかないと爆発する。爆発するとレンジ内に卵が飛び散るので悲惨である。この道具自体ドンブリのような形状をしているのでそのまま食べるのが普通であり、洗い物は少なくて済む。

 

電子レンジが帰らぬ人ととなった時も米を炊こうとしていた。お腹が空いていた私は初の2合炊きにトライ。腹は空いていても水に浸す手間はサボれない。きっかり22分、ただし初めての2合ということもあり、30分にトライしてみた。30分後、水を含んだ米はおいしくなる準備をしていた。時間を設定してスタートボタンを押す、スタートボタンを、押、お、えっ、押せない。正確には押せるのだが押しても反応しない。電子レンジはコースの選択から時間、温度の設定まですべてボタンを押すタイプだった。温度も時間も際限なく増やせるのに、スタートだけはできない。

 

この世で一番静かに電子レンジが壊れた瞬間だった。目は開いている、髪の毛も伸びる、なのに心臓だけ動いてない、そんな電子レンジ。液晶も映る、外傷もない、それなのに死んでる電子レンジ。

 

きれいな体してるだろ。ウソみたいだろ。死んでるんだぜ。それで。とポツリつぶやき電子レンジを見送った。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

幼馴染の電子レンジとの死別

f:id:kimura_evkitty:20190731203104p:plain

私が両親よりも(筋肉よりも)(サガミオリジナルよりも)信頼しているのが電子レンジである。現代科学の申し子、四角いでんじろう先生、松岡修造、そんな言葉がぴったりな便利な箱である。

 

初めて一人暮らしをした15年ほど前、ちょうど出戻りした知り合いの娘さんから電子レンジを譲り受けた。思えば電子レンジ以外にも、洗濯機、冷蔵庫はちょうど結婚した知り合いにもらったし、食器棚、炊飯器ももはや知り合いでもない人から人づてでもらった。買った電化製品なんてなかったかもしれない。そして電子レンジは一人暮らし以来10年以上、料理もできない、コンビニで弁当を温めてもらえない私を支えてくれた。引っ越ししても結婚してもこいつはずっとついてきてくれた。他の電化製品はことごとく処分された。

 

私が家庭の事情で実家に戻る際にも、唯一残されていた電子レンジは一緒に出戻った。ちょうど実家の電子レンジの調子が悪く、気合が入りすぎて必要以上に温めてしまうなどの傍若無人な態度だったということで、出戻り道具としての電子レンジは重宝された。

 

それから1年後、再びの上京(埼玉だけど)の際にはさすがに現役で働いている電子レンジをかっさらっていくのは忍びないので引っ越してしばらくしたら買おうと思っていたら、元祖父母の家で今空き家に置きっぱなしになっていて、父親が会社の休憩室に持ち込んで勝手に使っていて、もう使わなくなった電子レンジを届けてくれた。引っ越して最初に買う電化製品は当然電子レンジと思っていたので、30超えた息子ながらラッキーてなもんではしゃいだものである。おかげで、それ以外の必要家電製品をそろえる気力がなく、洗濯機、テレビ、冷蔵庫とそろったのは引っ越しから2か月は経過していたと思う。

 

年末に実家に帰った際に、なぜか私の電子レンジがなくなっていた。私の知らないレンジがそこにいた。私の代わりに我が物顔でいた。わけをきくと、1児と1胎児の父である弟が、家の電子レンジが壊れたからと持っていったらしい。兄弟で電子レンジの取り合いである。タッチかよ。タッチだったらだらしない兄が生き残って、弟は子供を助けて交通事故で死ぬけど。幼馴染の電子レンジは実は昔から私を選んでたんだが。

 

頻度的にはスマホの充電器なみに活躍していた我が家の電子レンジ。そんな電子レンジが突然壊れた。奇しくも実家に帰って救援物資(レンジでご飯とか)をもらい帰宅した夜だった。おなじみの電子レンジ調理を行おうとしたタイミングだった。その夜は家から出たくなくて初めて出前館で弁当を頼んだ。配達してくれる料金になるために2.5人前注文した結果、食べきれず朝ごはんに回したら、冷たかったので温めようとしたときに再度電子レンジの死亡に気が付いた。半日で2度レンジの死に気づかされる。

 

とはいえ電子レンジが使えないとセミと同じくらいの寿命な私は、とりあえずこいつの処ぶ、弔い方法を検索する。洗濯機やら冷蔵庫を処分した時に売れるかと思ったら逆に金とられた記憶がよぎる。電子レンジは大型家電には分類されないらしく、私の地域では燃えないゴミ扱いらしい。ビニール袋にいれてそのまま捨ててくれと。葬儀の規模ではない、心から偲ぶ気持ちがあるかどうかではあるが、お金かからず対応できるにこしたことはない。

 

とはいえ、父の実家で数年程度前からとはいえ使っていた電子レンジである。息絶えたこと、私が喪主を務めることを父に告げる。父はそっけなく了解とだけ返事する。

 

数時間後、再度父からの連絡

使っていない電子レンジがあるので送れるけどどうする?

実家のまわりにはどんだけ電子レンジがあふれてるんだ。

 

自分で電子レンジを買うことは生涯なさそうである。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

傘を持つことで凶暴性を持つ人間の心理を考察

f:id:kimura_evkitty:20190724173824p:plain

季節柄傘を持って出歩くことが多い。傘という武器を手にしたことによって物騒な事件も起きているので気を付けてほしい。

 

なぜこのような事件が起きるのか、自分なりに考察してみたので次の学会で発表する論文の概要を紹介しようと思う。何の学会で発表すればいいのか、そもそもただのサラリーマンが学会に呼ばれたり出席することがあるのかは甚だ疑問ではあるが、傘による被害者がこれ以上でないために自分が何をなすべきか考えた結果、こうして立ち上がることにしたのだ。

 

まず、傘を手にすると多くの少年がそうであるように、自然とアバンストラッシュの構えをとる。これは幼少期の記憶が体に染みついていて、仕方のないことである。子供の頃であれば、道で拾った枝などで勇者の剣技を披露することができるが、大人が道端で枝を拾ったらそれは二宮金次郎に間違われかねない。大人がアバンストラッシュを放つことができるのは、傘を持っている時だけなのだ。もちろん雨が降っている場合には傘を開いているので技は出せない。開いている傘でトライすると剣はおちょこに早変わりである。

 

このアバンストラッシュで事件が起きることはあまりない。なぜなら傘を握っているあなたは勇者だから。勇者は魔物に対してのみ剣を振るう、この現代社会、魔物は人間の心の中にいるので、剣で魔物に直接切りつけることはできない。あなたの心のイオナズンがきっと魔物を倒すのである。

 

傘で目をつくような事件が起きる背景にあるのは、傘を握っていて呼び起こされるのが幼少期の記憶でなく、もっと昔の狩猟民族の血が呼び起こされる起きるからである。槍をもってマンモスを追いかけていた遠い祖先の記憶、それが呼び起こされて攻撃的になることで件の事件などが起きてしまうのだと容易に想像ができる。傘をやり投げのやりのように持っていたらそいつはもう狩猟民族になりきっている。危険なので近づかないようにしよう。

 

傘を持つ人はみんなプロゴルファー気分になってほしい。そうすれば世界はもう少し平和になる気がする。ただしパター限定だ、ドライバーみたいに振り回したらまた事件になる。

 

一時のタイガーウッズみたいにはならないでほしい

    ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

平日活動したくない遺伝子

f:id:kimura_evkitty:20190717200746p:plain

 

三連休の最終日、海の日に娘と出かけた。天気も体調も万全でなかったので近場の大きな図書館へと足を運んだ。それでも娘は楽しそうに本を持ってきたり展示してある工作で作られたコマなどで遊んでいたりした。

 

ランチタイムはファミリーレストラン。一人だって入れるけどファミリーレストラン。そんなに食欲がない娘だが適当に頼んだパンケーキなんかをつまみつつ、デザートのゼリーをメインディッシュのように食べる。娘ながら妖精か何かかと突っ込みたくなるが、普段ご飯ばかり食べていてデザートは特別なのだとしたら自分としても悪い気はしない。デザートを食べさせてくれるオジサン(父親)というポジションもGETである。

 

そうやって食事に満足した娘が、「やだなあ、明日から保育園だあ」と言い放つ。OLみたいな発言をすることもあるなと思っていたが、サラリーマンみたいなことも言うようになったものである。OLも言うのかもしれないけど。

 

この春から転園した保育園なので、もしかしたらうまくやれていないのではないかと心配になったりもしたが、ことあるごとに〇〇くんはミッキーが好きで自分はミニーが好きだの、〇〇くんと遊んだだの、やたらと男の子中心に友達の名前が出てきているのでそんなこともないのだろう。楽しそうだが、将来が少し心配だ。

 

4歳の娘が行きたがらないんだから、私が平日に会社に行きたがらないのも仕方ないだろう。平日どころか休日はもっといやであるが。こんないきたがらないのは一周回って娘の遺伝である。平日になればなるほど布団の中に入っていたいし、一日中パジャマで過ごしたい。わかる、わかるよ娘よ。

 

おかげでパパは会社で一番見晴らしのいい窓に一番近い席で仕事しているよ。雨が強いね。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

梅雨のジメジメと不動産屋に負ける

f:id:kimura_evkitty:20190716185318p:plain

連日ぐずついた天候が続いている。こうも天候が悪いとブログを更新しようだなんて思う気はさらさらなくなる。やはり人間太陽が大事だと思う。梅雨明けまで更新しなくていいやって自分で思っていたのだが、この調子だと梅雨明けなくなる恐れがある気がしたので、1年近く前の話をしようと思い、筆をとる。

 

私が過去一人で見つけて契約し滞在した賃貸物件は2件あるが、どちらも日当たりが致命的だった。結婚同棲子育て、そして離婚へという流れの中、一人で住む家は毎回日当たりが不良。10年越しの一人暮らしで何も成長していなかったことが完全に露呈している。バカと煙は高いところが好きらしいが、私とダンゴムシは日影が好きなのか。害虫レベルか。大き目の石をひっくり返したら驚きおののき右往左往してるのか。

 

社会人1年目、初めての一人暮らしの時は駅からの近さをとった。実際、駅にもコンビニにもあっという間に行けるし、牛丼屋、蕎麦屋マクドナルド、ラーメン屋も複数あった。ユニットバスの不便さについては知らなかったが、近所のパチンコ屋のトイレがいつもきれいでウォシュレット三昧だった。部屋の中心に洗濯機がドンと置かれていて、主が人なのか洗濯機なのかわからなくなりがちだったが、自分で洗濯してる感覚は常に持てた。ただ、1階だったので、それだけはどうにもならなかった。暗かった。

 

初めての物件探し。何を見たらいいかわからず、連れられるがまま見て回った。ちょっと予算を超えるが最初に見た物件が一番よかった、そういう手法なのだろう。ほかの物件は日当たりはよさそうだった。その代わり風呂がなんか古かったり窓が開かなかったり、駅からの距離が段違いだった。結果、その日のうちに物件を契約させられるという事態に陥った。なくなりますよ!ってひどいもんだった。

 

そんな家で5年くらい過ごした経験を持つ人間である。そこから数年間の出来事は「ネット見ろ!」で片づけさせてもらうが、私なんかの経歴がネットで記事になっているわけもないので過去に赤裸々に綴りかけた教科書的内容を共有しておこう。

 

kimura-evkitty.hatenablog.com

 

まさかのvol.1で(飽きたので)打ち切りというシリーズものだったが、私も今思い出したところである。そんなわけで、実家に帰りつつ久しぶりの物件探し。

 

実家住みということで更新が迫っているなどの危機感はなかったが、都内への2時間以上かけての通勤と出戻り息子へ向けられる親の目が危機感だった。しかし、途中ブランクがあるとはいえさすがに賃貸生活10年近い大人である。不動産屋の煽り文句にはネットで得たスルースキルで立ち向かう、そんな心構えでいた。目標はさいたま市に定めていた。人生3度目の上京を夢見ていたが現実はあまりにも現実で、私はあきらめるものはすべてあきらめて部屋を探し始めた。

 

33歳私の再出発の城探しは、バストイレ別、キッチンと部屋が別、それなりの広さの部屋というものだった。駅からの距離なんて無問題。エレベーターなんてノンノン。追い炊き機能も宅配ボックスもノンノン。いくつか見繕った物件に内見の申し込みをしたら数分後にさっそく電話がかかってきた。俺は間違えて引っ越し侍にでも申し込んでしまったのだろうか。電話でまくしたてられその日のうちに内見に行くことになった。実家への通り道とはいえ業務後に内見なんて体力的に死にそうだ。

 

見た物件はさすがに都内に比べたら同じ相場で考えたら広さ新しさ比べ物にならないものだった。いくつか見てどれがいいですかって聞かれたので2番目の物件と答えた。今日見た中ならって意味である。すると不動産屋は内見帰りの車内でもう押さえちゃいましょうとか契約の準備とかしだす。アカン、これダメなやつ。知ってる。後悔の焦げる匂いがしてくる。私はまだ近所の物件も見たい、どうせなら都内の物件もみようと思う(あきらめていない)と伝え、仮契約みたいなところを落としどころにした。一応書類は書かされ、一時金も払わされた。私の押しの弱さが前面に出た敗北であった。

 

週末に他の物件を見に行くこと、よければキャンセルすること、キャンセルしたら一時金は戻ることなどを確認して開放された。10時を回っていた。個人的にはこの不動産屋さんはいやだなあと思った。

 

週末、他の不動産屋経由にて現在の物件の内見をして気に入った。ただし、いろいろ考えて待ってもらった。数日であれば待てると言い切る安心の不動産屋であった。初回の不動産屋に断りの連絡を入れる。まだ探すにしろ、この物件に決めるにしろ、その不動産屋はいやだった。しかし、相手は百戦錬磨の物件マニア。近所の他の物件を見たいといえば、うちが紹介すると言い、都内の物件も見てくると言えば、都内の物件も紹介可能という。大手不動産屋でもないのにどんなネットワークなんだと思うが、そういう業界らしい。私はあなたがいやなんですという直接にして最大の理由を告げることができず、どんどん逃げ道を塞がれていった。

 

会社の独身メンバーとシェアハウスする、という飲みの席で出た話で逃げようとした際には、絶対にうまくいかないと怒られ、親戚の家に居候する、親が心配でもうしばらく実家にいるといったすでにバレているであろう類の嘘を重ねてようやく物件の提案をいなし、払った一時金の返金に成功した。

 

1年ぶりに契約を思い出しつつ今の物件を見直すと、オートロックだし、管理会社はしっかりしているし、ウォシュレットはついているし、部屋は持て余すくらいな広さだし、いい物件である。日当たりは最悪だし、目の前の一軒家から丸見えだけど。

 

梅雨なんて一番最悪である。

    ブログランキング・にほんブログ村へ